妊娠中の食事メニューを工夫する

太ってしまったけど、妊娠しているからダイエットして良いのか分からない・・・。と悩んでいる人は、普段の食事メニューを変えてみましょう。栄養バランスを考えつつ、食事メニューを変えるだけで一日の摂取カロリーをコントロールすることができます。

食事メニューの工夫方法を紹介

  • 量を減らさずに野菜メインの食事に変更
  • 脂肪分が少ない肉や魚をチョイスする
  • 油を使わない蒸し料理などを食べる
  • 必要な栄養素はしかり摂りつつ、無駄なカロリーは抑える

妊娠中のダイエット方法

妊婦さんが過度なダイエットをすると、お腹の中に居る赤ちゃんにも影響を及ぼしてしまうため、やるべきではないと言われています。下記では妊娠中にできるダイエット方法を紹介&比較しているため、参考にしてみてください。

妊娠中にできるダイエット方法【食事&運動】

適度に体を動かす運動

妊娠中も体を動かすことは良い事と言われています。過度な運動は避けるべきですが、ウォーキングやストレッチなどは自分のペースで運動することができるため、妊娠中の太り過ぎを防ぎたい人は試してみましょう。

食事のバランスを考える

蒸し料理・野菜中心の料理を増やすようにして、一日の摂取カロリーをコントロールしてみましょう。手作りのダイエットスムージーは、栄養・食物繊維が豊富に含まれているため妊娠中の便秘対策にも役立ちます。

妊婦さんは過度なダイエットは禁止です「体に優しいダイエット方法」

フルーツとジュース

妊娠中でもできるダイエット方法

妊娠中に太ってしまうと、産後元の体型に戻るのが厳しくなってしまうため妊娠しているときもスタイルはなるべく維持していたいと考える女性は少なくありません。そういった女性の多くは、悪阻の症状が落ち着き始めた頃から軽い運動や食事メニューの変更などで体型をキープしていると言われています。この二つの方法なら、サプリやダイエット器具を必要としないため気軽に試すことができるでしょう。

産婦人科医に確認する

妊娠期間中のダイエットは、母体だけではなくお腹の中に居る赤ちゃんにも影響を及ぼしてしまうため始めるときは産婦人科医に相談し、確認してからスタートするようにしましょう。産婦人科医に相談をすることで、妊婦さんに最適な運動方法や食事メニューを教えてもらうことができるかもしれません。

健康管理も大切!

妊婦さんは、妊娠していない女性よりも浮腫・便秘・栄養バランスには気をつけるべきと言われています。妊娠してしまうと、女性の体は変化してしまうためその影響で、浮腫やすくなったり・便秘になりやすくなったりすると言われています。便秘になってしまうと体重は増えてしまいますし、健康的にも良くありません。また、浮腫は下半身の血流が悪くなることで起こると言われているため赤ちゃんの成長に合わせて悪化してしまう人もいるでしょう。
妊婦さんは便秘薬を使えない場合もあるため、日頃から健康管理に気をつけることが一番の解決策と言われています。健康管理の方法として、便秘解消効果のあるダイエットスムージーを飲むか、浮腫解消のためにマッサージなどを試してみてください。ダイエットスムージーは粉末で売られているタイプもありますが、粉末タイプを購入するときは妊婦が飲んでも良いかどうか確認してから購入するようにしましょう。ダイエットスムージーのレシピを紹介しているサイトもあるため、手作りすることもできます。

ちょっと気になる!妊娠中ダイエットのQ&A

妊娠中の浮腫もセルライトの原因?(20代:初産)

セルライトは血流の悪い部分につきやすいと言われているため、妊娠中で浮腫の酷い女性だとセルライトがつきやすいかもしれません。対策方法としてはマッサージや、一日の摂取カロリーをコントロールすることでしょう。

便秘と浮腫は妊娠するとなっちゃうの?(20代:初産)

妊娠さんの体質にもよりますが、元々便秘気味の人や浮腫やすい人は悪化する可能性があると言われています。そのため、浮腫対策・便秘対策としてマッサージや食物繊維繊維が豊富に含まれ妊婦も飲めるダイエットスムージーを利用している人もいます。

広告募集中