便秘に悩んでいる人の味方【便秘薬は正しい方法で飲めば安心です】

便秘薬にはタイプがあります

便秘薬を飲むと、お腹が痛くなるからと言って飲まずに便秘を我慢している人は症状に合わせて便秘薬を選んでみましょう。痛くならない非刺激性タイプなら、安心して飲むことができるかもしれません。

便秘薬のタイプ別比較【刺激性と非刺激性】

刺激性

刺激性タイプの便秘薬は、腸を強く刺激するため腹痛を感じる人もいます。しかし、浣腸や坐薬などは直ぐに効果を実感することができるでしょう。

非刺激性

非刺激性タイプの便秘薬は、腹痛を感じにくいため徐々に便秘を解消したいという人に向いていると言われています。体に優しいタイプのため、子供と一緒に使えるタイプもあります。

便秘に悩んでいる人の味方【便秘薬は正しい方法で飲めば安心です】

栄養剤

体に優しい便秘薬

漢方にも含まれている成分が、体に優しい便秘薬には含まれています。そのため、刺激性タイプよりもクセになりにくいと言われています。体に優しい成分の種類によって効果が異なるため、気になる人はどんな成分が含まれていると良いのか調べてみてください。

便秘薬による副作用

「便が出ないから便秘薬を飲もう」という風に直ぐ便秘薬に頼るのはやめておきましょう。便秘薬を使って便の排出を促してしまうと、便を自然に出しにくい体質になってしまう可能性があります。便秘薬を使って便を出してしまうと、腸内にある悪玉菌だけではなく善玉菌まで一緒に出してしまうため、キツイ時だけ飲むように、それ以外は食生活を改善するなどして便秘対策をしておきましょう。便秘対策の方法として、スムージーダイエットでも有名なグリーンスムージーや、腸マッサージが良いと言われています。

便秘になると現れる症状

肌荒れ

便秘になってしまうと、腸内に蓄積された有害物質が血液の中に溶けてしまい体中に行きわたってしまいます。体中に行きわたってしまうと、ニキビや体臭の原因になると言われています。

大腸がんのリスクが高くなる

便秘に悩む人には、善玉菌より悪玉菌のほうが多いと言われています。悪玉菌は、大腸ガンの原因にもなると言われているため、便秘では無い人に比べると発症するリスクが高くなってしまうでしょう。

自立神経失調症

便秘が慢性化してしまうと、体への影響だけではなく精神面にも影響を及ぼします。自立神経失調症になると、耳鳴りや吐き気・頭痛や倦怠感などの症状がおき、情緒不安定・過呼吸などの症状も出ると言われています。

太りやすくなる

太っている女性が痩せない原因の一つとして、便秘が理由になっている場合もあります。便秘になってしまうと、代謝が落ちてしまうため脂肪がつきやすくなり、太りやすくなってしまいます。また、浮腫やセルライトの原因になる場合もあります。

広告募集中